神奈川県の木質バイオマス導入事例

このページでは、神奈川県における木質バイオマスの導入事例や関連する補助制度などをまとめています。木質バイオマスの導入を検討している方は、ぜひ導入プランを検討する際の参考としてご活用ください。

神奈川県での木質バイオマス導入事例

事例1.横須賀市「都市型バイオマス発電所の導入事例」

神奈川県横須賀市において、2019年11月から木質チップなどの木質バイオマスを燃料とした都市型バイオマス発電所(約6,800kW)が稼働しています。同発電所では1時間当たり30トンの木材を破砕して加工できる大型破砕機なども導入されており、生木や伐根材も合わせた様々な木材を50ミリ以下の木質チップへ加工して発電燃料にすることが可能となりました。なお、木質バイオマスだけでなく、廃棄物由来の廃プラスチックをRPF化した上で、燃料として活用する仕組みも採用されていることが特徴です。

事例2.川崎市「木質バイオマス発電所の導入事例」

神奈川県川崎市では、同市臨海部の周辺地域で発生した建築廃材や間伐材を木質バイオマスとして発電燃料へ利用する「川崎バイオマス発電所(33,000kW)」が導入されています。

川崎バイオマス発電所は、敷地内に屋内型燃料チップ貯蔵所を有していることが特徴であり、効率性だけでなく環境面でも都市型バイオマス発電所としての価値を高めていることがポイントです。併設されているリサイクル施設から発電燃料の約3割が供給されており、リサイクルシステムによる環境負荷の低減にも努められています。

木質バイオマスの他にも、食品残渣系の各種バイオマス燃料の利用法も研究されています。

神奈川県で受けられるバイオマス関連の補助制度

省エネルギー診断(無料)/省エネルギー相談(無料)

エネルギー管理士や技術士といった省エネ分野の専門家が、様々な施設や事業所を訪問して省エネ化のヒントやエネルギーロスを改善するための方法を提案する「省エネルギー診断」や、中小企業の節電対策や省エネルギー化を支援する「省エネルギー相談」が無料で提供されています。

また、設備更新へ利用できる補助金などについても合わせて検討・紹介してもらえることが強みです。

地球温暖化対策省エネ設備等導入融資

神奈川県中小企業制度融資政策連動資金(環境・省エネルギー対策融資)として、木質バイオマス設備の導入や設備設置を目的とする費用に関して、最大8千万円の融資(年利1.6%以内)が提供されています。

取材協力
バイオマスエナジー社の公式HPキャプチャ
引用元HP:バイオマスエナジー社公式HP
https://www.bme.co.jp/wp/

木を選ばない
唯一無二のプラントを持つ
バイオマスエナジー社

木を原料に温風や水蒸気、バイオマスガスといった新たなエネルギーとしてリサイクルする画期的手法が、木質バイオマス。しかし、これまでバイオマスを燃やすプラントには燃料の制限があり、使いたい木材に対応できないというものばかりでした。

そうしたなかで、どんな木でも燃やせるプラントを誕生させたのが、バイオマスエナジー社です。当サイトでは、唯一無二のプラントを持つバイオマスエナジー社(2019年7月現在)に取材協力を依頼。実際にどんなプラントなのか、そしてコスト削減はどれくらいか。現地取材しレポートにまとめたので、ぜひご覧ください。

コスト削減の切り札!?
木質バイオマスの
プラント見学レポを見る