木材を賢くリサイクルする方法 » 木材リサイクル・バイオマスのコラムまとめ » バイオマスビジネス参入するならどんな事業モデルがある?

バイオマスビジネス参入するならどんな事業モデルがある?

昨今注目されているバイオマス事業ですが、これから参入するとすると、どのようなスタイルのビジネスになるのでしょうか?現状あるバイオマスビジネスとこれから参入できるバイオマスビジネスについてみていきましょう。

地域に合わせたバイオマスビジネスが必須

バイオマスビジネスでは、森林資源を活用するものを中心として、地域と共生することが求められています。バイオマスビジネスは、その特性から地域に密着したビジネスとなるからです。持続して、安定した事業を行うに次の見出しから、新規参入するならどのようなスタイルがあるのか見ていきます。

バイオマスビジネスの4つの事業モデル

1.発電

最初に考えられるのは、バイオマスで発電しFIT制度を活かして売電するという方法。さらに排出された熱は、お湯にしてホテルや音声施設に供給する事業モデルです。

森林バイオマスも火力発電と同じように、発電すると熱が発生しますが、熱の大部分が大気に放出されているのが現状です。そこで、余った熱を再利用し、お湯として供給するのです。また現状は中小規模の設備では売電だけでは採算性が低いこともあり、熱を利用して他の設備に供給するのがおすすめなのです。このバイオマスビジネスでは、発電設備だけでなく、熱を売る施設があるのかもポイントとなります。ビジネス計画だけでなく立地をしっかり考え、地域に需要があるところでビジネスをスタートさせるとよいでしょう。

2.熱発売

発電ではなく、熱の販売をメインにするパターンもあります。発電設備と異なり、導入するコストが低いことがポイントです。熱を販売する施設を見つけて、燃料をどこで調達するのか確保できるなら、安定した事業にできる可能性が高くなります。

例えば、公共の温泉施設の脇にボイラーを設置して、熱を販売するという事業モデルになります。一般的に公共の施設であれば、長期的に安定してビジネスをしやすいことがポイントです。温泉施設側としては、重油よりも環境に優しく、バイオマス活用の技術を持った業者に熱を供給してもらえるメリットがあります。

3.燃料供給

バイオマス発電では、木材を砕いたチップを使って燃焼させています。その燃料を供給するビジネスモデルです。チップを作る側であれば、これから増えるバイオマス発電所に燃料を供給するので安定したビジネスが期待できます。

チップであれば、熱供給のように場所に限りがないので、全国のバイオマス発電所がビジネス相手になりえます。可能であれば、バイオマス発電にも参入して、チップ製造と合わせて両方ビジネスに繋げることで利益の最大化を図れるでしょう。

4.森林経営

バイオマス発電だけでなく、これからの森林資源のために森林経営をするのも、1つの参入方法。他の事業と違って、取り組みべきスパンが30年から50年と長くなりますが、これからの資源を考えると見過ごせない事業です。

挙げることができる課題として、所有者がバラバラになっている森林が多いので、事業地をまとめて確保できるのかということ。森林資源を確保するために重要なビジネスモデルとなるでしょう。

取材協力
バイオマスエナジー社の公式HPキャプチャ
引用元HP:バイオマスエナジー社公式HP
https://www.bme.co.jp/wp/

木を選ばない
唯一無二のプラントを持つ
バイオマスエナジー社

木を原料に温風や水蒸気、バイオマスガスといった新たなエネルギーとしてリサイクルする画期的手法が、木質バイオマス。しかし、これまでバイオマスを燃やすプラントには燃料の制限があり、使いたい木材に対応できないというものばかりでした。

そうしたなかで、どんな木でも燃やせるプラントを誕生させたのが、バイオマスエナジー社です。当サイトでは、唯一無二のプラントを持つバイオマスエナジー社(2019年7月現在)に取材協力を依頼。実際にどんなプラントなのか、そしてコスト削減はどれくらいか。現地取材しレポートにまとめたので、ぜひご覧ください。

コスト削減の切り札!?
木質バイオマスの
プラント見学レポを見る