木材を賢くリサイクルする方法 » 木材リサイクル・バイオマスのコラムまとめ » バイオマス発電とカーボンニュートラルの仕組み

バイオマス発電とカーボンニュートラルの仕組み

バイオマス発電におけるカーボンニュートラルとはどのような考えでしょうか?環境を考えたカーボンニュートラルの仕組みを解説します。

カーボンニュートラルとは何?

バイオマス発電は、環境に優しい発電方法として知られています。その元になっているのは、カーボンニュートラルという考え方です。石油や石炭などの化学燃料を利用するのではなく、植物由来の資源を燃やして発電するのですが、発電の過程で発生した二酸化炭素は植物や自然を保つために循環できるというのがカーボンニュートラルです。 バイオマス発電で燃やしている材木は、元々大気中から樹木が吸収していた二酸化炭素を排出していると考えます。木材を燃やしているのですが、全体としての二酸化炭素は増えていないのです。また植物の成長に役立てることができるので、二酸化炭素のバランスが優れているのです。

カーボンニュートラルを目指すことのメリット

カーボンニュートラルを目指すことにはどのようなメリットがあるでしょうか?

まずは多くの発電施設で化石燃料が使われているので、大気汚染の軽減が見込まれます。化石燃料は限りがあるだけでなく、大気汚染の原因でもあります。しかしカーボンニュートラルを目指すことで、大気汚染や生態系のバランスを保たせる狙いもあるのです。

バイオマス発電でカーボンニュートラルを目指しているからと言って、ただバイオマス発電をするだけではいけません。ポイントとなるのは、バイオマス発電によって排出されている二酸化炭素と植物が吸収している二酸化炭素を同じスピードにするのです。

また別のポイントとして、地域の環境保全につながることもあります。そのために発電資源を作るための土地や他のバイオ燃料を使うことも大切です。各地域には未利用の間伐材がありますので、それらを利用することで、地域のカーボンニュートラルを実現できます。

しかし未利用の間伐材などが豊富にありますが、いつまでも伐採し続けることは不可能ですし、地域ごとに小規模でカーボンニュートラル発電を行えるようにすることや他のバイオ燃料の併用で、カーボンニュートラルを実現し環境保全につなげられるのです。

取材協力
バイオマスエナジー社の公式HPキャプチャ
引用元HP:バイオマスエナジー社公式HP
https://www.bme.co.jp/wp/

木を選ばない
唯一無二のプラントを持つ
バイオマスエナジー社

木を原料に温風や水蒸気、バイオマスガスといった新たなエネルギーとしてリサイクルする画期的手法が、木質バイオマス。しかし、これまでバイオマスを燃やすプラントには燃料の制限があり、使いたい木材に対応できないというものばかりでした。

そうしたなかで、どんな木でも燃やせるプラントを誕生させたのが、バイオマスエナジー社です。当サイトでは、唯一無二のプラントを持つバイオマスエナジー社(2019年7月現在)に取材協力を依頼。実際にどんなプラントなのか、そしてコスト削減はどれくらいか。現地取材しレポートにまとめたので、ぜひご覧ください。

コスト削減の切り札!?
木質バイオマスの
プラント見学レポを見る