木材を賢くリサイクルする方法 » 木材リサイクル・バイオマスのコラムまとめ

木材リサイクル・バイオマスのコラムまとめ

環境を考えることが一般的になっているので、どのように発電したり、消費したりするかが注目されています。発電方法や消費方法について、企業だけでなく個人の注目が集まっていることから、再生可能エネルギーや環境に優しい商品の技術も進歩。それぞれの記事で、詳しく解説しています。

バイオマス発電とカーボンニュートラル

バイオマス発電では、カーボンニュートラルという考えに基づいて環境に優しいとされています。そもそもカーボンニュートラルとはどのような意味でしょうか?排出される二酸化炭素のバランスが取れているのですが、なぜそうなのでしょうか?再生可能エネルギーで注目されているカーボンニュートラルがもたらすメリットについても解説します。

エシカル消費と企業の関係性

企業だけでなく、個人の消費の際にも環境に優しいもの、また社会に優しいものを選ぶことが一般的になってきています。エシカル消費と呼ばれているこの消費活動はどのようなものでしょうか?またエシカル消費がどのように企業と関わっているのか解説します。エシカル消費と企業の価値を考えると、なぜ注目されているのか昨今の動向が理解できるでしょう。

そもそもバイオマス発電の魅力とは?

バイオマス発電は、環境にも優しく未利用の資源を活用できる発電方法です。地球を考えた発電方法なだけでなく、地域経済を活発させる狙いもあります。そのようなバイオマス発電は、様々な資源を燃料にすることができます。特に木質バイオマスの成長が特徴的ですが、なぜそうなのでしょうか?この記事では、バイオマス発電の詳細とどのような特徴があるのか、魅力となる点を解説。バイオマス発電に興味をいただいている方必見です。

バイオマス発電とバイオガス発電の違いとは?

バイオマス発電の他にも、バイオガス発電もバイオ燃料を使っている発電方法です。名前が似ている発電方法ですが、使っている燃料が異なります。また燃料の違いから、設備のコストや運用方法にも違いも。その他、バイオマス発電とバイオガス発電にはどのような違いがあるのでしょうか?それぞれの発電方法の違いやポイントを詳しく解説します。

新規でバイオマスビジネス参入するならこの4つ

バイオマスビジネスとしては、熱電供給が一般的にイメージされるものです。実は熱電供給以外にも、バイオマスビジネスの参入が見込まれています。売電の他にもどのようなビジネスモデルがあるのでしょうか?本記事では、今後参入の機会があるで4つのビジネスモデルを詳しく解説いたします。

バイオマスとFITの関係性

FITが導入されたことで、バイオマスが活用される機会も増えています。それとともに、バイオマスの燃料に関して、克服すべき課題も見えてきているのです。FITが導入されることで、どのような課題に取り組むべきなのでしょうか?これまでの現状と今後の課題をご紹介します。

バイオマス発電における輸入燃料の問題

バイオマス発電において、輸入燃料に頼ってしまっていることは大きな課題です。それは、本来バイオマス発電では、地域の森林資源を活用することを目標としているためです。輸入燃料に頼ってしまっている現状や背景、輸入の現状や取り組むべきポイントを見ていきます。

バイオマスと地域内エコシステムの関係性とは

地域内エコシステムが開発されることで、利益を還元しながら安定した事業継続が期待されています。森林を持続的に活用するために、なぜ地域内エコシステムが必要なのでしょうか?実際に地域内エコシステムを導入した実例から、地域活性化・森林資源の地産地消のサイクルの方法を見ていきましょう。

固定価格買取制度(FIT制度)とは?

固定価格買取制度とは、再生可能エネルギーによって発電された電力を、開始から一定期間まで固定された価格で買い取ることを保証する制度です。固定される期間(調達期間)は10~20年で、再生可能エネルギーの種類や発電設備の規模などによって異なります。この制度があることによって、長期的な収益の見通しを踏まえた計画ができるなどのメリットがあります。

エネルギー基本計画とは?

日本がエネルギー政策を決定していくうえでの指針として「エネルギー基本計画」。エネルギー基本計画が目指すのは、「3E+S」と呼ばれる基本方針の実現です。「3E+S」とは、エネルギーの「安定供給」「経済効率性」「環境への適合」の前提として「安全性」を追求するということを意味します。計画は進捗状況などを踏まえて3年ごとに更新され、最新版は2018年に決定された「第5次エネルギー基本計画」です。

産業廃棄物の処理コストをおさえる方法

工場では、プラスチック類や木くず、金属などをはじめとする、さまざまな産業廃棄物が排出されます。その処理を業者に委託する場合にかかるコストについて、おさえておきたいポイントをまとめてみました。

ちなみに、木くずは1立方メートルあたりの処理料金が、プラスチック類や金属よりも割高です。処理にかかるコストをおさえるためには、処理設備を自社で保有するのも有効な方法のひとつです。産業廃棄物処理コストを削減するための工夫について詳しく解説します。

日本の森林が抱える問題

日本は、先進諸国の中で、フィンランドに次いで森林率が高い国です。森林率とは、全体の国土に占める森林面積の割合のことで、日本の場合、66%という非常に高い割合になっています。しかし、これほどまでに豊かな「森林資源」があるにもかかわらず、それを有効活用できていないのが実情です。そんな中、新しい林業のスタイルに取り組んでいる方々もいます。具体例などをあげながら詳しく解説します。

採算性を見込める林地残材リサイクル

国内には、かなり大量の林地残材が放置されています。木材である以上、バイオマス燃料などとしてリサイクルが可能です。けれども、利益を出すのが難しいため、敬遠されている状態です。ただ、ある調査によると、収集や運搬などを工夫すれば、しっかりと黒字を出せる、つまり「ビジネスとして成立する」ことがわかったのです。林地残材を活用するために行われたその調査を、詳しく解説します。

バイオマス発電投資の前に考えるべきこと

バイオマス発電事業に対して投資することを検討している場合、まずはそのリスクとリターンについて詳しく知っておくことが必要です。バイオマス発電の利回りの目安と、どのようなリスクがあるかを具体的に解説します。

また投資する発電事業を具体的に検討するにあたって、燃料の調達方法や、電力の販売価格に関する規定など、確認しておくべきポイントについてまとめました。

竹をバイオマス燃料に活用する研究について

日本には多くの竹林が使用されずに放置されている現状があります。それをバイオマス燃料として活用できればよいのですが、竹はカリウムや塩素などを多く含むことから、燃料に不向きであるとされてきました。

しかし近年の研究によって、その問題を解決するための技術が開発されています。それはどのような技術なのか、竹がバイオマス発電に不向きとされる理由の詳しい解説しています。

取材協力
バイオマスエナジー社の公式HPキャプチャ
引用元HP:バイオマスエナジー社公式HP
https://www.bme.co.jp/wp/

木を選ばない
唯一無二のプラントを持つ
バイオマスエナジー社

木を原料に温風や水蒸気、バイオマスガスといった新たなエネルギーとしてリサイクルする画期的手法が、木質バイオマス。しかし、これまでバイオマスを燃やすプラントには燃料の制限があり、使いたい木材に対応できないというものばかりでした。

そうしたなかで、どんな木でも燃やせるプラントを誕生させたのが、バイオマスエナジー社です。当サイトでは、唯一無二のプラントを持つバイオマスエナジー社(2019年7月現在)に取材協力を依頼。実際にどんなプラントなのか、そしてコスト削減はどれくらいか。現地取材しレポートにまとめたので、ぜひご覧ください。

コスト削減の切り札!?
木質バイオマスの
プラント見学レポを見る