エシカル消費ってなに?

環境に優しいエシカル消費に注目が集まっています。環境に優しく、社会にも優しい活動をすることが企業に大きな影響を与えるからです。では、エシカル消費とはどんなものでしょうか?企業が注目している理由や、エシカル消費にどのような影響を与えることがあるのか解説します。

エシカル消費とは?

エシカル消費とは、倫理的な消費活動のことを意味しています。さらに何か特別なことをするのではなく、身近なものから始めることができるのです。

倫理的な消費なこと

まずエシカルという言葉は、倫理的という意味で、人や社会、さらには環境に配慮したのことを意味します。何か大きなことをするのではなく、人や環境に配慮しているものを購入することから始まります。

地球の温暖化が進むにつれて、気候の変化や森林資源の枯渇、また生物多様性の問題など複数の解決すべき問題があります。それだけでなく、経済成長を遂げている先進国の一方で、多くの国で貧困問題があります。

問題を軽減したり、改善する方法として期待できるでしょう。そのために1人1人が自分で考えて倫理的に消費することが大きな助けとなるのです。

少しの行動からスタートできる

大きなアクションをしなくてもを行うことができます。例えば、地元で生産された野菜や果物を購入することもその1つです。地元で生産されたものを地元で消費することは、その地域における農業を発展させるのに役立ちます。

それ以外にもできることとして、障がい者支援につながる商品などを購入することも含まれます。自分が何かを購入する際に、どこで誰が作っているのかを考えて商品選びをしてみることが大切です。身近なところで、立ち止まって考えてみることで、エシカル消費につながるのです。

エシカル消費が問題を解決できる

どのように現在直面している問題を解決できるのか、詳しく見ていきましょう。

環境に優しい消費をする

環境に優しい消費をする方法として、オーガニック製品やエコマーク付き製品を選ぶことがあります。これらは、環境に優しいことを製品の特徴としています。商品を選ぶときには、意図的に環境に配慮したものを選ぶことはとなるのです。

商品を購入するだけでなく、車のレンタルやシェアを積極的に活用することも、エシカル消費となります。使うときにのみ車を所有することは、全体として排出される二酸化炭素量を減らしていることになるからです。

さらに家電を購入するときには、省エネのものを選んだり、自然エネルギーを利用することもエシカル消費の一部に含まれます。

もちろん消費をするだけでなく、食べ残しを減らしたり、使い捨てのプラスチックの使用を減らすこともエシカル消費になります。ゴミを出さないように心がけ、使うものがあってもリサイクルできるものを利用するなら、環境に優しくなります。

地域に配慮して消費をする

地域に配慮して消費をすることも大切です。例えば、地産地消は身近にできることです。地元で採れた野菜を、地元で消費することが地域の農業の活性化につながります。もし災害が発生した後なのであれば、応援消費という形でその地でできた商品を購入することもエシカル消費です。

どちらも地域社会や地域経済を損なわず、むしろ応援する消費活動になります。もし輸入したものを購入するのであれば、値段は安かったとしても地元の経済を応援することにはなりません。消費者として商品を購入するときに、地域を応援することも考えて購入するならエシカル消費することができるのです。

社会に配慮して消費をする

社会に配慮して消費を行います。例えば、障がい者が作った寄付金付きの製品を購入することができるでしょう。これは障がい者の自立支援を促す消費になります。

さらにはフェアトレード商品を購入することもできます。これは、開発途上国の原料や製品を適性価格で継続的に購入することで、その国の経済状況を向上させる仕組みのことです。単に一番安い商品というだけでなく、を意識的に購入することも社会に配慮した消費になるのです。

企業成長に関係するエシカル消費

商品を購入する人がエシカル消費に注目しているので、企業としても対応できる状態を作り出しています。ニーズに応える商品を提供する必要がありますので、当然の流れとも言えるでしょう。企業が環境にも社会にも優しい商品作りの取り組みをすることは、企業の成長にもつながっています。

例えば、SDGsという持続可能な開発目標は、2030年までに達成すべき17の目標を掲げています。多くの企業がこのSDGsを達成することを目標としており、それぞれの取り組みをしているのです。エシカル消費を推し進めることは、SDGsの目標を達成し、企業の評価を高めることにもつながります。

あるアパレル企業では、世界各地にある縫製工場のリストを公開しています。どのような供給をしているのか、透明性を高めることで労働環境の改善を実現しようとしているのです。他の例として、多くの企業で2030年までに環境負荷の少ないプラスチック製の容器を流通させて、リサイクルできないプラスチックを少なくする試みがあります。

企業が取り組んでいることは、環境や社会、また企業統治へ取り組んでいるとして投資が見込まれる「ESG投資」対策も伴っています。企業価値を高め、投資を呼び込みために必要な施策ともなっているのです。

エシカル消費をすると何が変わる?

消費者が商品を購入するときに、社会にも環境にも優しい商品の選択を心がけるだけでも全体としては大きな変化になります。GDPの中で個人消費は6割となっています。個人としては少しの変化かもしれませんが、社会や経済には大きな影響力を持っているのです。

物を購入するときには、エシカル消費になっているかを考えるだけで社会問題を解決するための助けになることもあるのです。環境問題や経済の格差が注目されている昨今だからこそ、エシカル消費をすることは社会問題の解決や企業価値を高めることにつながります。

まとめ

エシカル消費によって、環境にだけでなく、社会にも優しくなることが期待されています。個人が消費するときに、意識するなら全体として大きな違いが生じるでしょう。物を買う前に、どこで作られているのか生産者のことを考えてみるのはいかがでしょうか?

取材協力
バイオマスエナジー社の公式HPキャプチャ
引用元HP:バイオマスエナジー社公式HP
https://www.bme.co.jp/wp/

木を選ばない
唯一無二のプラントを持つ
バイオマスエナジー社

木を原料に温風や水蒸気、バイオマスガスといった新たなエネルギーとしてリサイクルする画期的手法が、木質バイオマス。しかし、これまでバイオマスを燃やすプラントには燃料の制限があり、使いたい木材に対応できないというものばかりでした。

そうしたなかで、どんな木でも燃やせるプラントを誕生させたのが、バイオマスエナジー社です。当サイトでは、唯一無二のプラントを持つバイオマスエナジー社(2019年7月現在)に取材協力を依頼。実際にどんなプラントなのか、そしてコスト削減はどれくらいか。現地取材しレポートにまとめたので、ぜひご覧ください。

コスト削減の切り札!?
木質バイオマスの
プラント見学レポを見る