「地域内エコシステム」とは?

木質バイオマスが一般的になってきて、森林資源を活用し、地域住民や山林所有者などの利益が還元される仕組みが必要とされています。そこで、大切とされているのが、地域内エコシステムという考え方です。この地域内エコシステムとはどのようなものでしょうか?詳しく見ていきましょう。

地域に利益をもたらすシステム

FITが導入されたことによって、バイオマス発電が普及しています。もちろん燃料の確保や稼働時期などの課題は抱えていますが、それでも過去に比べると木質バイオマスが活用される場面は増えているでしょう。

一方で、地域の森林資源を活用するための仕組みが必要とされています。仕組み作りをするために、農林水産省と経済産業省は共同で研究会を立ち上げています。地域内エコシステムと呼んで、地域の森林資源を有効活用する持続可能なシステムを実証したり、普及させたりする取り組みをしているのです。

大きな目的は地域への利益還元

主な目的となっているのは、地域への利益還元を確保することです。バイオマスを活用し、地域内エコシステムを実践することで、確実に地元に絵利益が残せることが大切なのです。

地域内エコシステムで考えられているのは、売電だけでなく幅広いバイオマス利用にあります。例えば、集落に小電力の供給設備を取り入れて、系列接続せずに活用します。また地域住民が利用している公共施設には、熱利用や電力利用先として優先的に確保するという取り組みです。

熱利用と発電供給では、小規模な施設でもエネルギー変換効率が80%ほどになります。効率が良いだけでなく、初期投資も少なくてもよいなどから、導入しやすいシステムになることが期待されているのです。

熱電供給で地域活性化させた実例

群馬県上野村の例を取り上げてみましょう。広葉樹の活用が行われており、低質材をペレット工場でペレット化。村内の温泉施設のボイラーや公共施設・住宅のストーブの熱源になります。

また、発電だけでなく発生した熱も活用できる発電施設も、きのこセンターに併設されており、効率よく熱電供給されているのです。

利益を生み出すシステムが必須になる

まず基本的にバイオマス普及において、利益を生み出す事業モデルが必要です。地域に密着して利益を還元するシステムを創り出すことは、バイオマスの普及や安定活用に不可欠なのです。

取材協力
バイオマスエナジー社の公式HPキャプチャ
引用元HP:バイオマスエナジー社公式HP
https://www.bme.co.jp/wp/

木を選ばない
唯一無二のプラントを持つ
バイオマスエナジー社

木を原料に温風や水蒸気、バイオマスガスといった新たなエネルギーとしてリサイクルする画期的手法が、木質バイオマス。しかし、これまでバイオマスを燃やすプラントには燃料の制限があり、使いたい木材に対応できないというものばかりでした。

そうしたなかで、どんな木でも燃やせるプラントを誕生させたのが、バイオマスエナジー社です。当サイトでは、唯一無二のプラントを持つバイオマスエナジー社(2019年7月現在)に取材協力を依頼。実際にどんなプラントなのか、そしてコスト削減はどれくらいか。現地取材しレポートにまとめたので、ぜひご覧ください。

コスト削減の切り札!?
木質バイオマスの
プラント見学レポを見る