木材を賢くリサイクルする方法 » 木材リサイクル・バイオマスのコラムまとめ » 産業廃棄物のリサイクルは必要?
どんなメリットがある?

産業廃棄物のリサイクルは必要?
どんなメリットがある?

業廃棄物のリサイクルの必要性とともに、どんなメリットがあるのかまとめました。

産業廃棄物のリサイクルが必要な理由

産業廃棄物のリサイクルが必要な理由は多岐にわたります。ここでは、その中でも特に重要な理由を挙げて説明します。

資源の有効的な利用のため

産業廃棄物のリサイクルは、資源の有効利用に直結します。多くの産業廃棄物はリサイクルすることで、新たな資源として再利用が可能です。これにより、資源の枯渇を防ぎ、持続可能な社会の実現への貢献が期待できます。例えば、金属くずやプラスチックは再生資源として活用されることが多く、これにより新しい資源の採掘を減少させられます。

埋め立て処分の限界

埋め立て処分地は有限であり、そのキャパシティには限界があります。産業廃棄物のリサイクルを推進することで、埋め立て地の使用量を減少させることができます。これにより、新たな埋め立て地の確保が不要になり、環境負荷を軽減。埋め立て処分は土壌や地下水の汚染リスクを伴うため、リサイクルの推進はこれらのリスクを低減する効果もあります。

産業廃棄物のリサイクルによるメリット

産業廃棄物のリサイクルには多くのメリットがあります。以下に、その代表的な例を挙げて説明します。

廃棄物処理費用のコストカットができる

リサイクルによって廃棄物処理費用の削減が可能です。産業廃棄物を適切にリサイクルすることで、廃棄物の量を減らし、その結果、廃棄処理にかかるコストを大幅に削減。例えば、金属くずをリサイクルして新しい製品を製造する企業は、廃棄物処理費用を節約できるだけでなく、材料費も削減にも繋がるでしょう。

企業ブランドのイメージアップに繋がる

環境に配慮した企業活動は、企業のブランドイメージを向上させます。産業廃棄物のリサイクルに積極的に取り組む企業は、環境保護への意識が高いと見なされ、消費者や取引先からの信頼を得やすくなります。これにより、企業の競争力が向上し、長期的な成長につながる可能性があります。産業廃棄物のリサイクルは、環境保護やコスト削減など、多くのメリットをもたらしてくれるのです。

産業廃棄物はどんな風にリサイクルできる?

リサイクルの方法は廃棄物の種類によって異なり、それぞれの特性を活かしたリサイクル方法が存在します。以下に、代表的な産業廃棄物である廃油、金属くず・鉄スクラップ、廃プラスチック、汚泥、木くずのリサイクル方法についてまとめました。

廃油

廃油は、工場の機械や車両のメンテナンスなどで使用された後に不要になった油のことです。廃油はリサイクル可能であり、再生燃料として利用されることが多いです。具体的には、廃油を精製して新たな潤滑油や燃料油として再利用する方法があります。また、一部の廃油は、アスファルトの原料や重油代替品としても使用。廃油のリサイクルは資源の節約と環境保護の両方に貢献します。

金属くず・鉄スクラップ

金属くずや鉄スクラップは、製造過程や解体作業から出る金属の廃材です。これらはリサイクルしやすい素材であり、新しい金属製品の原料として再利用されます。リサイクルのプロセスでは、まず金属くずを集めて選別し、不要な物質を取り除きます。その後、溶解して新しい製品に成形されます。金属は基本的に何度でもリサイクル可能な素材なため、持続的な資源の循環に一役買ってくれる存在です。

廃プラスチック

廃プラスチックは、産業活動から出るプラスチック製品の廃材です。リサイクル方法としては、機械的リサイクルと化学的リサイクルの2つがあります。機械的リサイクルでは、廃プラスチックを粉砕して再びプラスチック製品として成形します。一方、化学的リサイクルでは、廃プラスチックを化学的に分解して新しい化学原料に変換します。これにより、プラスチック資源の有効利用が進み、環境負荷の軽減につながります。

汚泥

汚泥は、産業廃水の処理過程で発生する泥状の廃棄物です。汚泥のリサイクルには、焼却処理や堆肥化などの方法があります。焼却処理では、汚泥を燃焼させて熱エネルギーを回収し、発電や温水供給として活用。一方、堆肥化では、汚泥を微生物の力で分解し、農業用の堆肥として再利用します。これにより、汚泥の廃棄量を減らし、資源の有効利用に繋げます。

木くず

木くずは、木材加工や建設現場などから出る木材の廃材です。木くずのリサイクル方法としては、主にチップ化とバイオマス発電があります。チップ化では、木くずを細かく粉砕して木材チップにし、製紙や建材の原料として再利用します。また、バイオマス発電では、木くずを燃料として使用し、発電や熱供給を行います。木くずのリサイクルは、森林資源の保護と再生可能エネルギーの利用に貢献します。

このように、産業廃棄物のリサイクルは多岐にわたり、それぞれの廃棄物の特性を活かした方法で行われています。リサイクルを進めることで、環境負荷の軽減と資源の有効活用が期待できます。

取材協力
バイオマスエナジー社の公式HPキャプチャ
引用元HP:バイオマスエナジー社公式HP
https://www.bme.co.jp/wp/

木を選ばない
唯一無二のプラントを持つ
バイオマスエナジー社

木を原料に温風や水蒸気、バイオマスガスといった新たなエネルギーとしてリサイクルする画期的手法が、木質バイオマス。しかし、これまでバイオマスを燃やすプラントには燃料の制限があり、使いたい木材に対応できないというものばかりでした。

そうしたなかで、どんな木でも燃やせるプラントを誕生させたのが、バイオマスエナジー社です。当サイトでは、唯一無二のプラントを持つバイオマスエナジー社(2019年7月現在)に取材協力を依頼。実際にどんなプラントなのか、そしてコスト削減はどれくらいか。現地取材しレポートにまとめたので、ぜひご覧ください。

コスト削減の切り札!?
木質バイオマスの
プラント見学レポを見る