バイオマス発電所の熱活用

火力発電の一種であるバイオマス発電所では、膨大な熱を発生させます。その熱を発電以外のことに利用する「熱活用」について、具体的な事例と共に紹介します。

バイオマス発電所の熱活用とは?

バイオマス発電所では、バイオマスを燃焼させることによってタービンを回し、電力を発生させます。しかし、その熱のほとんどは無駄になってしまうのです。発生させた熱エネルギーのうち、およそ20~30%が電力に変換されるだけで、残りのエネルギーはそのまま失われてしまいます。

せっかく発生させた「熱エネルギー」を、暖房の熱源として利用したりなど、他の用途にも活用し、無駄にしないことがエネルギーの有効活用には大切です。

このようなシステムを「熱電供給」または「コージェネレーション」と呼びます。貴重なエネルギーを無駄にせず、省エネを実現するためにも重要なシステムです。既にいくつかのバイオマス発電所では、熱電供給の仕組みを取り入れることで、エネルギー効率を高める工夫を実施。発電所を運営する会社そのものが熱を利用する場合もあれば、他の事業者に熱を販売するというケースもあります。

バイオマス発電の熱活用の事例

事例1 宮城県 気仙沼市「木質チップの乾燥と温水供給」

宮城県の「気仙沼地域エネルギー開発株式会社」では、木質バイオマス発電によって発生する熱で木質燃料チップの乾燥を行い、燃料調達のために活用。さらに熱を利用してお湯を作り、近隣の宿泊施設に供給するという活用方法も併用しています。

事例2 秋田県 北秋田市「足湯」

秋田県の「ボルタージャパン株式会社」は、小型のバイオマス発電機を道の駅に設置し、発電の際に発生する熱をそこで足湯に利用して提供。道の駅に設置することで、バイオマス発電と熱活用に関する認知度を上げる効果も狙っています。

事例3 群馬県 上野村「きのこ栽培」

群馬県「上野村」の事例は、自治体による熱電供給の取り組みです。「上野村きのこセンター」に設置した木質バイオマス発電機によって、きのこ生産に必要な熱エネルギーと電力を供給しています。

事例4 岐阜県 高山市「熱を販売」

岐阜県の「飛騨高山グリーンヒート合同会社」では、小型のバイオマス発電所で作った電力を中部電力に販売しながら、近隣の温浴施設に「熱を販売する」という形で有効活用しています。

取材協力
バイオマスエナジー社の公式HPキャプチャ
引用元HP:バイオマスエナジー社公式HP
https://www.bme.co.jp/wp/

木を選ばない
唯一無二のプラントを持つ
バイオマスエナジー社

木を原料に温風や水蒸気、バイオマスガスといった新たなエネルギーとしてリサイクルする画期的手法が、木質バイオマス。しかし、これまでバイオマスを燃やすプラントには燃料の制限があり、使いたい木材に対応できないというものばかりでした。

そうしたなかで、どんな木でも燃やせるプラントを誕生させたのが、バイオマスエナジー社です。当サイトでは、唯一無二のプラントを持つバイオマスエナジー社(2019年7月現在)に取材協力を依頼。実際にどんなプラントなのか、そしてコスト削減はどれくらいか。現地取材しレポートにまとめたので、ぜひご覧ください。

コスト削減の切り札!?
木質バイオマスの
プラント見学レポを見る